生きがいの熱狂も冷める

Posted in 生きがいとは  by: まみ
7月 25th, 2011

「生きがいを見つけよう」というフレーズをしばしば耳にします。

生きがいは大切です。生きがいがなければ、生きていけないでしょう。
生きがいの喪失とともに、人は元気を失くし、力を失っていきます。

退職後、生きがいを見つけられず、満たされない思いを抱いている中高年の方は少なくありません。
「どう生きていけば良いのだろう」
と、ため息をつく声が聞こえてきそうです。

そうなると、何を探すのでしょうか。
新しい趣味、第二の仕事、夫婦で旅行など、いろいろ始めてみようとしたり、これまで出来なかったことにチャレンジしてみたりする方も多いでしょう。

ただ、それらのことも、ほんの一時しのぎに過ぎません。
いつも趣味をしているわけにもいきませんし、第二の仕事と言っても、そのための人生ではありません。
旅行も、たまの楽しみとしては良いですが、毎日、旅行することも出来ません。

私たちの人生は、生きがいを楽しむためにあるのではありません。
それでは、あまりに虚しすぎるでしょう。

やがて必ず死んでいかねばならない人生、死ぬまでに絶対に果たしておかねばならない一大事を知らずに過ごしていませんか?

生きがいは、飽くまでこれからを生きていくための手段の一つであって、生きる目的ではありません。
目的を知らないまま、どれだけ元気に明るく旅をしようとしても、気持ちは虚しくなるだけ。

目的がハッキリしてこそ、手段は輝きます。意味があるものになるのです。
では、私たちが生きていく目的は何でしょうか?

それを明らかに教えられたものが仏教なのだよ、と親鸞会で仏教を学ぶ知人に教えてもらいましたので、それについては、次に書きたいな、と思います。

Comments are closed.

 

Navigation: