Archive for the ‘未分類’ Category

人生の目的には完成があるところが生きがいと異なる点(2)

Posted in 未分類  by: まみ
11月 24th, 2011

人生の目的と生きがいの違いを、今回も学びたいと思います。

今日、「世界の光」と称賛される親鸞聖人。その90年の教えを一言で言うと、「平生業成(へいぜいごうじょう)」です。

「平生業成」とは、親鸞聖人のすべてを漢字4字で表した、いわば一枚看板とされている言葉です。

親鸞聖人のみ教えを知るうえで、大変重要な言葉なのです。

意味はこうです。

「平生」とは「現在」のことで、生きている時のこと。

人生の目的とは、すなわち人生の大事業でありますから、これを「業」という字で表し、完成の「成」と合わせて「業成」といわれます。

ですから「平生業成」とは、まさしく、“人生の目的が、現在に完成する”ということなのです。

親鸞聖人の特色が「平生業成」といわれるのは、親鸞聖人ほど「人生の目的」と、その「完成」のあることを強調された方はなかったからです。

「人生の目的が、生きている現在に完成する」

こう聞きますと、

「え!?人生に目的がある、完成があるって 」。

ほとんどの人は驚くのではないでしょうか。無理もありません。

“人生に目的や、完成などあるはずがない”

これが常識となっているからです。

学問や芸術、科学、医学、囲碁や将棋、剣道、柔道、書道、茶道、華道などは、どこまで究めても、卒業もなければ完成もない道、「死ぬまで求道」といわれます。

江戸初期の剣豪・宮本武蔵は、幼少のころから武術の才能に優れ、13歳で有馬喜兵衛との決戦に勝利して以来、諸国を巡って剣の道一筋に錬磨し、29歳で佐々木小次郎を巌流島に破るまで、60数度の決闘に、ただの一度も、敗れたことがなかったといわれます。

しかし武蔵は晩年、自らの剣法の神髄を残した『五輪書』に、自分の剣は、まだまだ未熟であると記しているのです。有名な「千日の稽古を鍛とし万日の稽古を練とす」の一節も、終わりのない武の道をひたむきに求めた、彼の心境ではないでしょうか。

日本映画を知る人で、監督・黒沢明の名を知らない人はありません。

国内外の映画賞を総なめにした「世界のクロサワ」は、「スター・ウォーズ」監督のJ・ルーカス、「E.T.」のS・スピルバーグらが師と仰ぎ、作品は海外でも模倣されるほどでした。その彼が平成2年3月、米アカデミー賞・名誉賞を受賞した時の言葉です。

「この賞に値するかどうか、少し心配です。なぜなら私はまだ映画がよく分かっていないからです」

黒沢監督にして「映画が分かっていない」の言は、完成なき道を語るに十分でしょう。また彼は、こうも漏らしています。

「あと5本、映画を撮らないと、僕は死に切れない」

カンヌ国際映画祭のグランプリ受賞作「影武者」撮影中のことです。その後、撮影した映画は4本。88年の生涯、30本の作品を残してなお、満足はなかった。

「死に切れない」の無念に、芸術の本質を見る思いがします。

完成のないのは、これらの道だけではないでしょう。学問やスポーツも、皆円満成就というゴールはありません。

これに対して、完成があるのが人生の目的なのです。